« [小説] 甘い恋がしたいのです。【名前変換オリジナル】 | メイン | [小説] 記憶 »

[小説] 兄に財布届けたら、紅白頭に恋されました【轟焦凍】

[小説] 兄に財布届けたら、紅白頭に恋されました【轟焦凍】」が話題となっています!

作者さんの説明
──それは兄の忘れ物から、 始まった。 「お兄ちゃん〜!財布忘れてたよ〜!!」 兄の教室の扉を開けると      「お。」 ───紅白頭のイケメンに一目惚れされました。 ─────────────── あてんしょんぷりーず! 皆さん初めまして!はめめです! 自分、小説を書くのは初めてなのでグッダグダです。 前までは見る専だったんですが、ついに書く専へと 手を伸ばしてしまいました…… うわぁぁあぁぁんどうしよぉおぉぉお ということでよろしくお願いします。(は?) あ、多分亀更新☆

早速みてみよう

About

2022年05月07日 20:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「[小説] 甘い恋がしたいのです。【名前変換オリジナル】」です。

次の投稿は「[小説] 記憶」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36

成分解析 | 脳内メーカー(正面) | 体内メーカー | 死亡推定日 | 遺伝子チェッカ | ハゲまで推定日 | 占い